多汗症治療の現状と手法の一例

多汗症治療の重要度が増しており、ここ数年でも患者数が軒並み上昇しています。病気としての認識が依然低く、中には体質として諦めている患者も見かけられています。うつ病にかかる危険性もあり、皮膚科に診てもらうことが勧められています。多汗症治療には、症状がでる部位によって種類が異なります。中でも、イオンフォレーシス療法には手や足の裏に有効な手法で、水素イオンによる作用で汗を生成されにくくなります。保険適用の治療法なので、誰にでも気軽に受けることができます。

バックナンバー

クリニックの必須情報

↑PAGE TOP